ファスニングとは


ファスニングとは?

   「ファスニング」とは、モノとモノを「留め付ける」「締結する」ことをいいます。
留め付けるための部品1個、1個を「ファスナー」と呼んでおり、建設、建築分野で使われるファスナーには、ねじ、ばね、釘、鋲(ピン)、アンカー、ボルト、ナット、リベット、金物等があります。
 よく衣類に使われるジッパーとは区別され、特にこれらは「工業用ファスナー」と呼ばれています。

ファスニングに要求されるもの

   取り付けるモノによって、使用するファスナーも締結する方法も様々です。
例えば、建設現場でのファスニングの場面では、「確実に・早く・無駄なく・簡単に・楽に」留め付けできることが不可欠になります。
 しかも、設計基準を満たし、低コストで常に安定した施工による最適な「ファスニング」が要求されます。

当社の提案(トータルファスニング)

   当社はお客様のニーズに合わせ、ファスナーを複合化したり、ファスナーとツールをうまく組み合わせることで一体化した独創的なファスニングシステムを提供しております。
 このように、ただ単なる製品(ファスナーあるいはツール)だけにとらわれない、ファスニングに求められる技術や作業コストを含めた「トータルファスニング」の考え方が建築分野のみならず、組立産業分野にも数多く生かされています。