経営方針

「ごあいさつ」
 激動を続ける世界情勢の中、弊社は創業以来、モノとモノとを締結する「ファスナー」 及び締結工具の製造・販売を行ってまいりました。
 一口にファスナーと言いましてもその用途により、住宅用のもの、一般建築用のもの、自動車や家電製品用のもの、とその種類・形状は千差万別であります。
 おかげさまで今日弊社は、あらゆる分野のファスナーを提供させていただいており、皆様のお目に止まらぬ部分にも弊社製品が数多く使用されております。
 変革のテンポがますます速まっているこの時代、弊社でも地球環境に配慮した、より安全で高品質の製品をより多く生産することにより、皆様の生活のお役に立ちたいと全社員一同こころから願っております。
 皆様におかれましては、今後ともより一層のご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

日本パワーファスニング株式会社
代表取締役会長兼社長


■経営の基本方針
当社は「JPFグループ企業理念」及び「JPFグループ企業目標」に基づき、持続的な企業価値の向上を図るためには、コーポレートガバナンス体制を有効に機能させることが不可欠であると考え、次の基本的な考え方に沿って、コーポレートガバナンスの継続的な充実に取り組む。

1.株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
2.株主を含む当社のステークホルダーとの良好・円滑な関係を構築する。
3.会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。
4.取締役会は、独立社外取締役の的確な助言を踏まえ、業務執行の監督機能を実効化する。
5.中長期的な株主の利益と合致する投資方針を有する株主との間で建設的な対話を行う。

当社は、上記方針をグループ全体で推進するために、「JPFグループ社員行動規範」を定め、当社社員は行動準則としてこれを実践する。また、リスク管理を適切に行うために、リスク管理規程を定め、リスク管理委員会を定期的に開催する。


■JPFグループ企業理念
伸びやかで豊かな企業人を育む環境づくりを目指し、オリジナリティ溢れる技術をベースに製品を開発し、顧客の信頼を得るとともに、社会の発展に貢献する。


■JPFグループ企業目標
常にユーザーの最新のニーズをキャッチし、最適設計のファスナーとツールを提供することにより、日本で最大の総合ファスニングメーカーを目指す。


■JPFグループ社員行動規範
1.法令遵守(コンプライアンス)
私たちは、すべての法令を遵守し、公正・透明な取引を行います。 (独占禁止法、下請法、インサイダー取引、利益相反取引、労働法関連、知的財産権、接待・供与の留意、個人情報保護法、反社会的勢力の排除)

2.人権の尊重、差別・嫌がらせの禁止
私たちは、すべての人権を尊重し、あらゆる差別や嫌がらせ、不当な強制は行いません。

3.地球環境保護
私たちは、環境に関する条約・法令等を遵守し、常に地球環境保護に配慮した事業活動を行います。

4.情報管理
私たちは、企業の機密情報及び個人情報を厳重に管理し、これを漏洩したり、業務及び利用目的以外の目的には使用しません。

5.安全性への配慮
私たちは、商品の安全性確保を最重視し、製造過程等においても同様の配慮を行います。

6.お客さまの満足と感動
私たちは、お客さまから信頼され、満足そして感動を与えられる企業を目指します。

7.株主への還元
私たちは、株主の利益を念頭に継続的に企業価値を増大すべく、魅力ある企業を目指します。

8.CSR(企業の社会的責任)
私たちは、前各項に掲げる事項も含め、企業の社会的責任のすべてを果たすように努めます。

9.財務報告の信頼性と確保
私たちは、業務プロセス及び評価・監査の仕組みが適正に機能することを検証するとともに必要な是正を行い、財務報告の信頼性の確保に努めます。

10.挑戦と創造
私たちは、既成概念にとらわれず、積極果敢に職務を遂行し、常に「挑戦と創造」を追求いたします。

11.ファスニング技術の追求
私たちは、トータルファスニングコストの低減及び作業負荷の軽減を実現し、次世代のファスナー&ツールを創造する企業を目指します。