会社案内ABOUT
JPFグループ環境方針Environmental activities
基本理念
“伸びやかで豊かな企業人を育む環境づくりを目指し、オリジナリティ溢れる技術をベースに製品を開発し、顧客の信頼を得るとともに、社会の発展に貢献する”という企業理念に基づき、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、企業活動のあらゆる面で環境の保全に配慮して行動します。

基本方針
日本パワーファスニング株式会社(JPFグループ)は、基本理念に基づき次の活動を行います。

  • 私たちの事業活動、製品やサービスが環境に与える影響を的確に捉え、環境配慮商品の拡大及び環境負荷の削減に努めると共に、エネルギー問題やCO2削減に貢献できるよう、事業活動の発想と行動を環境対応型に変身し、ビジネスモデルを構築していきます。
  • 私たちは地球環境の保全を推進するため、技術的、経済的に可能な範囲で各部門毎に環境目的及び目標を定め、実行し、定期的に見直しを行い、継続的改善を推進します。
  • 私たちは当社の環境側面に関連する法律、規則及び協定を順守すると共に環境事故の予防を進めることにより社会的責任を果たします。
  • 私たちは地球と共生するため、環境教育及び啓発活動を実施し、当社の全従業員及びグループ会社に環境方針の理解と環境保全に関する意識の向上を図ると共に関係委託業者、契約業者へも環境方針の理解と協力を求め、さらに社会貢献活動を推進し、地域との交流を図ります。
日本パワーファスニング株式会社
代表取締役会長兼社長
土肥 雄治



JPFの地球に優しい取り組み
JPFは、限りある資源を大切にし、
企業活動を通して地球環境保全に努めることを使命とし、
さまざまな取り組みを行ってまいります。


I.省エネと省資源に貢献する商品開発
エネルギーと資源を節約しながら、「くらしの快適性」を高める商品を開発します。 当社は早くから建築現場での省力化をテーマに、独自のファスニング商品を開発し、お客様のニーズに対応した商品を提供してまいりました。
今後も、「くらしの快適性」を高める断熱システムファスナーや、建造物の長寿命化に 対応可能なリニューアルシステムファスナー、高耐食ファスナーなど、省エネ・省資源に 貢献できる商品開発を行ってまいります。

II.人と地球環境に優しい商品開発
人と地球環境に配慮した商品開発を行い、環境に負荷をかけずに製品を製造することを目指しています。 ■クロムフリー商品の開発
六価クロムなど、有害物質を含まない表面処理を開発し、自社商品に積極的な採用をはかっています。
■環境負荷の削減
製造工程における環境負荷を削減するため、環境マネジメントシステムを導入し、継続的な改善を推進しています。
ISO14001とは? 企業や自治体などの組織が活動を行う際に、環境に与える影響をできるだけ少なくするための仕組みを国際的に標準化した規格のことをいいます。
ISOの認証は、ISO14001に基づき「環境マネジメントシステム」を構築した組織に対して、認証機関より適合性を保証されることによって取得できます。
取得地域 登録日 登録番号 登録範囲
豊岡工場
09.2.13
JQA-EM6296
工業用ファスナー製品{ドリルねじ、JISB1124(タッピンねじのねじ山をもつドリルねじ)、座金付ナット、薄板鉄板用・木用・樹脂用タッピングねじ、アンカーねじ}の設計・開発及び製造
JPFグループでは、環境マネジメントシステムを構築し、継続的に環境に対する取り組みを行っております。
引き続き、当社グループの「環境方針」に従って、環境保全活動を推進し、『人と地球に優しい企業』を目指してまいります。

Copyright JPF Co.Ltd. All Rights Reserved.